大きくする 標準 小さくする
次ページ

2011年02月22日(火)更新

経営陣は現場管理職とのガチミーティングを!

忙しさの中で、ついつい日常に流されてしまうことの多い毎日でしょうが、経営者の方は、現場管理職の方々と、定期的にガチンコでミーティングされることをお勧めします。

先週末、とある企業様で行った管理職研修。2日間の研修でしたが、2日目の内容は、管理職さんたちが現場の実情、気になる事象から、主体的に認識を加えながら、形成した創造的な課題を経営陣に建設的に上申するというもの。

私が研修講師というよりファシリテーターとなって、オブザーブで加わった経営陣と管理職との合同ミーティングを行ったかのような様相となりました。

これが熱気あふれて実に面白いのなんのってありゃしない。

管理職の提起する現場情報に、経営陣が驚きながら、管理職の提案する取り組み改善課題を経営・管理一体となってブラッシュアップしていく様。これはそのまま会社を着実にダイナミックに発展させていく起動&軌道となるのです。その場に立ち会っているだけでもワクワクしました。思わず、講師を辞めて、この会社に入社させてもらおうかと思ったくらい(笑)。

挙げてくれた気になる事象の中で、
管理職の中の何人もから「うちの若手は挨拶しないな」というものがあったのですが、役員の方は「えっ!?みんなしてくれるよ」といった反応がありました。

すかさず管理職チームからは、「それは役員だからですよぉ~」なんて声が上がったのですが、これなんて、経営陣が知らない会社の真の姿を表しています。こんなことが他にもゴロゴロあるのです。

このあと、議論を深めながら、この事象が意味することの本質を突きとめながら、改善改良するための課題をつくり上げていたこの会社さんに、確かな将来を感じました。何より、経営~管理の一体感あふれるこの雰囲気にいたく感動した私でした。

経営者と管理職は役割分担。両者がっぷりと触れ合う機会の大切さを感じました。

進め方さえ間違わなければ、コストはかかっても合宿は価値がありますね。
経営~管理のズレは、管理~現場のズレを生み出し、引いては経営~現場のズレを大きく噴出させます。

抜け・漏れ・ズレをなくして、結束と信頼を高める。

そんなミーティングがホント少なくなっている現代の企業社会に憂慮を感じる私です。

2011年02月14日(月)更新

教育は新幹線ではなく各駅停車で

先日の祝日だったか、テレビを観ていて、小中高生の学習塾・岡田塾の塾長さんが、

「教育は新幹線ではなく、各駅停車で」とインタビューに応えているのを目にしました。

最近の教育研修現場でよく言われていることに「即戦力化」「即強化」があります。昨今の厳しい経済情勢の下、余裕の無い企業様のご事情はよく分かります。

ホントは、コストを考えれば、教育研修をやめたいところだが、将来の為に苦労をしてでも実施される中で、すぐに効果を出さねばならないというのがその背景実情です。

その為に、プロとして全力でお手伝いをするのが私どもなのですが、塾長さんの言葉通りに、細かくステップを積み重ねながら、時間をかけながらでないと、教育できないものがあるのも確かです。

その会社で大切にしている「経営理念」「社是」「基本方針」「行動指針」このようなものは、その最たるものでしょう。深い熟練の問われる技能もそれに当たりますね。

前回の記事で、私は即効性の「専門薬」を!なんて話をしましたが、片や、じわじわ効く「漢方薬」を使うことも必要です。そして、たとえ時間はかかろうとも必要なステップを積み重ねさせる勇気も、時と場合によれば持たなければなりません。

改めて、教育研修の奥深さを感じております。お客様の実情に応じたいちばん適正なものを処方できるかどうか、そこに私どもの存在価値があります。これからもさらに精進、精進です!

2011年02月07日(月)更新

求められるのは「軟膏」よりも「専門薬」

久しぶりのブログです。

最近の教育研修・コンサル業界を取り巻く環境。あくまでも自分の見聞範囲を基にしておりますが、強く感じる傾向として、

あきらかにクライアント様たる企業・団体さんは、「軟膏」より「専門薬」を求めていますね。幕の内弁当のように「まぁ、必要なおかずは入っていますね」型の研修も基礎固めという点では、有効なのですが、これは、所謂「軟膏」型。とりあえず塗っておいてねの対処。(注:軟膏の効用を軽視している訳ではありません)

たとえば、風邪に効く薬~と総合的なものではなく、(あらゆる全ての症状に効くというのは難しい)

「咳が出る」 「喉が痛い」 「声が枯れる」 「熱を下げたい」など、今、困っている症状に必ず効く薬。こんなのが求められているようです。

総合感冒薬ではなく、咳の薬、喉の薬、声枯れの薬、熱下げの薬ということですね。

限定的であっても、困っている問題に必ず効くもの。これです、求められているのは。

改めて、こういうポイントに立ち帰って、自らの戦略課題を洗い直しています。


先日読んだ名言集にこんなことが書かれていました。

 「コンサルタントとは、時計を取り上げておいて、何時か教えてくれる人」

私の立場では笑えません。こんな人には決してなりたくないと思っています。

「役立ってこそ生ける甲斐」です。

2011年01月19日(水)更新

呼んでいただける嬉しさと有難さ

○年ぶり、○回目の出場。
いや、今回は高校野球・甲子園の話ではありません。研修講師の仕事場風景のお話。

昨日、中堅社員合宿研修を終えて帰って来ました。

今回のクライアント様、実は5年ぶりのお手伝いです。
企業研修の仕事と言うのは、企業様からのご依頼を受けてスタートします。実施して評価をいただければ、またご依頼をいただいて(所謂リピートというものです)続いていくのですが、これは未来永劫という訳ではありません。クライアント様のご事情は時間の経過と共に変化する訳で、それに伴って当然、どこかで終わりと言いますか一区切りを付ける時がやって来ます。

昨日のクライアント様もそうなっていたのですが、5年の時を経て、またお呼びいただいたのでした。

 「門脇先生は元気なのかな。また、お願いができないかな」とおっしゃってくださったのです。

「覚えていてくださった」ことが、何より嬉しく有難いです。

「再会」というのは、こんなに心を温めてくれるものなんですね。
そして、「信頼」を継続して持ち続けていただいていたということが、私にとっては途方もなく大きな喜びでありました。

人と人の心の結び付きを感じれる時、人生は豊かになりますね。





宝塚サラリーマン道場

つばめ軽食店ブログ

**********************************
活き活き人材開発の工房 有限会社クリアマイン
〒665-0861 兵庫県宝塚市中山寺3-4-24
Tel 0797(62)8900  Fax 0797(62)8900
http://www.clearmine.com/
**********************************

2011年01月16日(日)更新

時には「仕方ない」も必要

昨日の土曜に、雑貨の店をしている経営者同士で打ち合わせ兼いろんな話ができる機会がありました。

思い通りにいかないときに「なぜ?」「なぜ?」と考えるのも大事だけど、「仕方ない」と考えてみるのも大事ということを共感し合いました。

特に、人がらみの問題の時、急に辞められた時など経営者は自分を責めがちです。再発防止のための原因究明と対策という点ではそれも必要なのですが、出口の無い迷路に入り込んでしまうこともあります。そんな時は、ある程度で止めて、「仕方ない(関西弁で、しゃあないやん)」と切り替えて、これからをどうするかにエネルギーを使う方が生産的なものです。

人の問題に限らず、自分ではどうにもならない思いがけない事が経営には襲って来ます。受け入れに大きな苦労をしながらも「仕方ないな」とはねのけることも時には、必要です。経営者は粘りも大事だけど、切り替えも大事ということですね。

妻もようやくほぼ復調し、雑貨カフェは今週よりぼちぼち再開。私が主管の教育研修事業の活動も本格的にはじまりました。夫婦二人、体を壊さんように加速してまいります。




宝塚サラリーマン道場

つばめ軽食店ブログ

**********************************
活き活き人材開発の工房 有限会社クリアマイン
〒665-0861 兵庫県宝塚市中山寺3-4-24
Tel 0797(62)8900  Fax 0797(62)8900
http://www.clearmine.com/
**********************************

2011年01月11日(火)更新

気づかぬ間のオーバーペースに要注意

新年を迎えて、「さぁ、今年もがんばるぞ!」と気合いを入れてスタートを切った今月の五日のこと。妻が動けなくなってしまいました。その後、どうにかもうじき仕事復帰できそうな小康状態にはなったのですが、この一週間ホント大変でした。

夫婦二人で、一つづつの主管事業を持ち、総務経理は妻に任せていた典型的な中小零細企業でありましたから、一人が戦列を離れるだけでその影響の大きさはとんでもないものだと痛感させられました。

昨年来、本社の移転、事務所の統合、新しい事業の立ち上げと運営と、矢継ぎ早にやりたいこと、やるべきことを突っ走りながらやっていたのですが、気づかぬ間に疲れが蓄積していたようです。

気づかぬ間のオーバーペース。それを緩和解消せずに、溜め続けるといつかは爆発してしまいます。今まで幸運にも健康夫婦で来た我々ですが、これからは、「自分の体を常にメンテナンスする」という感覚と行動を大切にしなければならないねと、話し合いました。

創業当時、「自営業は体が資本」と諸先輩によく言われたことが身に沁みます。

「自分は大丈夫だ」という「過信」をしないことですね。




宝塚サラリーマン道場

つばめ軽食店ブログ

**********************************
活き活き人材開発の工房 有限会社クリアマイン
〒665-0861 兵庫県宝塚市中山寺3-4-24
Tel 0797(62)8900  Fax 0797(62)8900
http://www.clearmine.com/
**********************************

2011年01月04日(火)更新

『妻と最期の十日間』を読んで

前々から気になっていた一冊の新書を読むことができました。

 『妻と最期の十日間』 桃井和馬著 (集英社新書)

 妻41歳。ある日突然、くも膜下出血で倒れた。
 回復の兆しはない。
 写真家であり
 ジャーナリストの夫は
 迫りくる妻の「死」を
 克明に記録し続けた。

うちの妻は今は、元気でいてくれるのですが、もう5年ほどになりますか、大きな開腹手術をしたこともあり、健康については絶対大丈夫ということではありません。もちろん、私も同様なのですが、、、

自分にも起こり得る話ということで、一気に読了しました。

特に印象に残ったのは、冒頭に引用されていた
アメリカの神学者ラインホールド・ニーバーの祈りの言葉

 神よ
 変えることのできるものについて、
 それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
 変えることのできないものについては、
 それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
 そして、
 変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
 識別する知恵を与えたまえ。



私にとっては、深い深~い味のある言葉でした。
年始早々、いい本と出会えました。

健康で元気であることは、なんと幸せなことか。
(今後の人生の中でも何回も再確認していこうと思います)




宝塚サラリーマン道場

つばめ軽食店ブログ

**********************************
活き活き人材開発の工房 有限会社クリアマイン
〒665-0861 兵庫県宝塚市中山寺3-4-24
Tel 0797(62)8900  Fax 0797(62)8900
http://www.clearmine.com/
**********************************

2011年01月02日(日)更新

ストレスを溜めないために

新しい年、2011年がはじまりました。本年もよろしくお願い申し上げます。
少しなりとでも、お役に立てることを祈りながら、今年も記して参ります。(ぼちぼちと・・・)

昨日、私の実家(奈良)へ向かう車中の中で、ラジオでいい話を聞きました。

巨人の原監督が話をしていたのですが、ストレスを溜めないためにという質問に対して、迷いもなく即答でスパッとこう答えられていました。


 「それは、自分を疑わないことです」


私は、ハンドルを握りながら、「なるほどねぇ~」と、唸ってしまいました。

確かに、自分でストレスを感じているのは「これでいいのか」「大丈夫かな」と迷って、不安に襲われていることが多い。

改めて、自己信頼 = 「自信」の大切さを思い出しました。

いつもFMを聴いているのですが、この日はどういう訳か、たまたまAMにチャンネルを変えてみたら、この話をやっていたのです。

こりゃ、新年早々、神様が自分にとって大事な話をしてくれたんだ、と思いました。
助手席の妻も「ほんまやねぇ~」と。彼女も同類だったのでしょう(^^)。

2011年、(いい意味で)自分を疑わない信念を持った経営をして行きます。

なんか、とても得をした気分で今年のスタートを切らせてもらいました。





宝塚サラリーマン道場

つばめ軽食店ブログ

**********************************
活き活き人材開発の工房 有限会社クリアマイン
〒665-0861 兵庫県宝塚市中山寺3-4-24
Tel 0797(62)8900  Fax 0797(62)8900
http://www.clearmine.com/
**********************************

2010年12月30日(木)更新

「龍馬」を待つのは、やめよう

今朝の日経新聞コラムにこういうのがありました。


 「龍馬」を待つのは、やめよう


思わず、「そうだっ!」と膝を打ってしまいました。

その中には、「一般人は坂本龍馬のような英傑が登場して、国難を解決してくれることを望むのが常だ」と書かれていました。

よくよく考えてみれば、他力本願では、いつまで待てばいいのかとなりかねません。

各人が各人の持てる持ち場で、国難ならぬ『個』難を克服、解決していかねばなりません。

厳しい一年を、関係皆様方のご支援ご厚情を頂きながら、乗り切らせて頂いた弊社ですが、来年は、ちっちゃい「龍馬」になれるよう前進します。

今年は、人と人のつながりの有難さを改めて実感させてもらった年でもありましたが、困難を克服するのは、「アイデア」と「チームワーク」の持論をさらに実感できた年でもありました。


本年はお世話になりありがとうございました。
来年はもっと良い年になる予定です(^^)。

勇気を出して頑張って参りましょう。

 来るべく2011年、皆々様方の益々のご多幸をお祈りしております。





宝塚サラリーマン道場

つばめ軽食店ブログ

**********************************
活き活き人材開発の工房 有限会社クリアマイン
〒665-0861 兵庫県宝塚市中山寺3-4-24
Tel 0797(62)8900  Fax 0797(62)8900
http://www.clearmine.com/
**********************************

2010年12月27日(月)更新

M1グランプリde学べる人事考課

昨夜のM1グランプリ。今回で最後ということですが、まさに最後を飾る大激戦でした。

結果はご存じ結晶の常連「笑い飯」の優勝で幕を閉じました。
それにしても決勝は僅差でしたね。今回は、1票少なかった「スリムクラブ」が優勝してもおかしくないぐらいに激戦でした。

漫才もさることながら、私が、注目したいのは、審査員です。
もしもう1組の「パンクブーブー」を優勝としていたら、その評価が問われていたことでしょう。(昨年の優勝者。誰もがその力量は認めるところですが、1本目とほぼ同様のネタ構成では勝負はすぐについてしまっていました)そんなことをしていたら、「評価の基準は何なんだ!?」という非難轟々だったでしょう。

人事考課の世界では、評価の内容としては、「業績」だ、「態度」だ、「情意」だとか言われるのですが、M1グランプリでは重視されるのは何といっても「おもしろかった」かどうか。

とは言え、これだと大くくり過ぎて、諸説飛び交って収拾がつかなくなるでしょう。
だって、何を「おもしろい」と言うのかは多分に個人の嗜好に左右されるからです。

大まかな評価基準の中で、出されたその結果を、我々一般視聴者が肯定的に受け入れているのは、「評価者」(=審査員)への信頼にあります。

審査員の方々は、「演者の方からこの人に審査してもらえたら文句はありません」の方々が選ばれているそうです。

「評価者」に大きな信頼があれば、評価の結果は被評価者に受け入れられるというのは、現場の真実です。

今回興味深かったのは、はじめて審査員を務める大竹さん、宮迫さんの緊張ぶりでした。二人とも信頼に応えるべくその重圧と戦っていましたね。今後の人生を大きく左右する結果を出すのですから、責任も重大でした。

別にヨイショするわけではないのですが、「笑い飯に勝って欲しいと思いながら、スリムクラブに入れた」と島田紳助さん、評価者として立派でした。自分で持っている評価の基準でちゃんと仕事をされています。

ちなみに、私。「笑い飯」か「スリムクラブ」かとの迷いの中で、心の中で「笑い飯」に投じていました。

二人は苦節○年苦労している、、、二人とも私と同郷(奈良県)、哲夫さんは子供たちの大学の先輩、、、こんなことが心と頭の中を駆け巡り、決定に影響を与えていました。

 「喝!」ですね。

これはあきません。評価者としては全くダメ、失格です。

芸の中身に全く関係なし。私情まみれですもの。

紳助さん、立派でした。
「スリム飯」と書こうかと思ったと言って爆笑を誘った松本さん、さすがでした。


 年末の風物詩、そして漫才界の人材開発の大きな舞台がなくなることに寂しさを感じます。





宝塚サラリーマン道場

つばめ軽食店ブログ

**********************************
活き活き人材開発の工房 有限会社クリアマイン
〒665-0861 兵庫県宝塚市中山寺3-4-24
Tel 0797(62)8900  Fax 0797(62)8900
http://www.clearmine.com/
**********************************

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

「よりよく ほっこりと 心豊かに」を大切に ~人がイキイキと輝くお手伝い~ 人材開発に関するコンサルティングと教育研修事業に励んでおります。

詳細へ

個人プロフィール

1963年、兵庫県生まれ。大学卒業後、民間企業5社(うち1社出向)に勤務。情報システム開発、営業、販売促進、総務、採用・教育、人事企画などの業務経験を経て、独立開業。現在は、人材活性化のコンサルティングと講演研修に日本全国を駆け回っています。新入社員から中堅社員、管理者から経営者まで、様々な階...

詳細へ

<<  2017年6月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧