大きくする 標準 小さくする
  • ブログトップ
  • 『リーダー社員錬成講座』第2話 社長が欲しいリーダー人材

«前の記事へ 次の記事へ»


『リーダー社員錬成講座』第2話 社長が欲しいリーダー人材

投稿日時:2010/10/14(木) 15:28rss

生き残りの指揮最前線に立つ経営陣にとって、いちばん欲しい人材は!?とお聞きすると、異口同音にこう言われるのを多く耳にしました。


 

言ったことをきちんとできるのは当たり前で、言われずとも自分がやるべきことをできる人。所謂、自律・自立人材というものです。


 

さらに、要望は加わります。小さくとも、ユニットを任せられる人。必要な人と組織を動かせる人。リーダー的な動きができる人です。


 

言われたことをできる人ばかりでは、会社は発展しません。良きフォロワーも大事ですが、リーダーが足らない。これが様々な会社で共通しているところです。


 

「わしが、なんでもかんでも言わないと動かんのや」経営陣のこういったセリフもよく耳にするところです。


 

ズバッと言っちゃいますと、人材開発の面から見ますと、リーダーがどれだけつくれるかで、会社の盛衰は決まります。リーダーがいないのに、追い風環境に任せて、規模を大きくして、マネジメント不能で崩壊する怖さといったら、その辺の怪談なんて軽くぶっ飛ばしてくれます。


 

この話、ついつい「部長」をつくるだの「課長」をつくるだのと、役職者をつくる話しに置き換わることがありますが、その核心は『リーダー』をつくることです。


 

役職というのは、『リーダー』の大きさみたいものです。


 

『リーダー』になりやすい人は確かにいます。
 でも、生まれながらのリーダーはいない。


 

『リーダー』は後天的に育成されるものである。
 特にここで必要なのは、会社組織の中で必要とされる仕事のリーダーであります。


つづく 第3話は (仮) 給料払う立場から考える

 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

「よりよく ほっこりと 心豊かに」を大切に ~人がイキイキと輝くお手伝い~ 人材開発に関するコンサルティングと教育研修事業に励んでおります。

詳細へ

個人プロフィール

1963年、兵庫県生まれ。大学卒業後、民間企業5社(うち1社出向)に勤務。情報システム開発、営業、販売促進、総務、採用・教育、人事企画などの業務経験を経て、独立開業。現在は、人材活性化のコンサルティングと講演研修に日本全国を駆け回っています。新入社員から中堅社員、管理者から経営者まで、様々な階...

詳細へ

<<  2024年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧